ドラマの一部始終を見たような・・・。涙

⏱この記事は約 3 分で読めます。

どうもしゅーぴんです。

先日、高校時代の友人から
一生のお願いをされました。

彼は今年からサラリーマン生活を送るようになり、
なんとこの前、人生で初めて彼女ができたとのこと。

昔から女っ気がなかったので、
僕としては嬉しく思います。

社内恋愛で、
彼女は彼より2つ年上、
チベットの研修生だそうな。

初めてが国際恋愛とはなかなかすごいですね。

彼女はもうすぐ帰国するらしく、
その前夜に会いたいのだそうです。
(帰国日は、仕事なので見送りに行けない)

ところが、研修生と会社の上層部だけで
送別会を行うらしく、
会えるのは夜の10時以降。

彼は車を持っていないし
夜はバスも止まっているので
彼女の元へ行くことができません。

ただ、運がいいことに、
僕の家と彼女の寮がとてつもなく近かったので
連絡が来たというわけです。

・送別会が終わった瞬間に会いたいから
すぐ近くで一緒に待機してほしい。
・帰りだけ交通機関が止まっているので
送ってほしい。

「本当に申し訳ないが、一生のお願いだ。」

と言われました。

僕は特に仕事の予定もないし、
夜中は暇だったら友人とゲームをするくらいの
予定しか入れてなかったので
快く了承。

そして、それが昨日だったわけです。

とりあえず彼を連れてレストランに。

せっかく頼んだ食事もなかなか手がつかず、
スマホばかりを気にしてました。

とにかく落ち着かない様子。

まぁそうなりますよね。

待っている間は、
彼女との馴れ初めやチベットの話を
聞いてました。

やはり、文化の違いがすごい。

彼女が小学生の頃は、
馬に乗って登校していたらしいです。

ということは、
駐輪場ならぬ
駐馬場があったのか?
聞いとけば良かった・・・。笑

他にも、だだっ広い草原で
羊が1000頭くらい放し飼いされていたり、
カラフルな民族衣装を着ていたり・・・。

受験勉強で使った地理の資料集に
載っているような写真ばかりでした。

気が付けば時計の針は
21時30分をまわってます。

送別会が終わる気配がなかったらしく、
彼女が抜け出してきました。

そこで僕たちもお開きに。

2時間ほどすると
彼から連絡があり、
再びお迎えへ。

「お互い泣かなかったし、
そこまで悲しくはならなかったよ。」
と言った時、
スマホが光りました。

彼女から涙のスタンプが。

僕まで涙がこぼれそうでした。

次に会えるのは
早くて半年後くらいだそうです。

お互い会社員を続けるらしく、
休みを合わせるのも難しいかもしれません。

土日に少し会おうなんてことも
なかなかできません。

彼女に会うんでしばらく会社休みます
なんて言ったら
出世の道は閉ざされることでしょう。

というよりも、
下手したらクビです。

まぁ組織で活動する以上、
全員がそんなことをしたら
すぐに破滅してしまいますからね。

そう考えると、個人で収入を稼ぐのって
本当に楽だなぁと思います。

週に5日間も必ず働き続けなければいけない
という束縛もありません。

自分のやりたいときに
作業ができるのは本当に
ストレスがありません。

大抵彼女と遊ぶときも
その日の気分で決めてます。

「今から暇?」
「うん。」
「行くわ。」

だいたいこんな感じで
自由にやりたいことを決めてます。

旅行に行くときも、
だいたい前日とか当日に決めたりするので、
車の中でどこに行くかを決めたりしてます。

最近ではこういった生活を当たり前に感じていましたが、
友人たちの出来事を見て
僕はいい道に進むことができたなぁと思いました。

かといって彼がかわいそうなんてことも
みじんも思っていません。

彼は彼で毎日楽しそうですし。

自分にあった道を見つけて、
その道をしっかりと歩めることって幸せなことです。

P.S.
実は彼ら、付き合って1ヶ月も経ってません。

ところがすでに結婚の話もしてました。

結婚はあと3年は待って欲しいとか、
式は中国でするとか・・・。

話が早いのは向こうの文化なのですかね。

P.S.
それにしても、付き合って1ヶ月で遠距離になるのは
本当につらいですね。

きっと一番ドキドキして楽しいときなのに・・・。

あなただけに特別なお知らせ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です