人は他人の間違いには敏感だが、自分の間違いは絶対に認めない!!!

⏱この記事は約 3 分で読めます。

どうも、しゅーぴんです。

先日、2泊の旅行で滋賀県を満喫してきました。

 

その時に人間の心理について
面白い体験をしたので紹介します。

滋賀旅行のメインとなる
近江牛を食べに行ったときのこと。

せっかくなので僕はその店で一番高い
5000円のステーキを頼んでみました。

すると運ばれてきた料理はこちら。

量が少なく、
ん?と思いましたが、
一口食べてみると、ほっぺがとろけるようなおいしさで
瞬く間にテンションが上がりました。

口に入れるだけで肉の風味がいっぱいに広がり、
噛めば肉汁がじわじわと染み出てきます。

量が少なくても
これで5000円なら納得だと思ってしまいました。

初めての近江牛に舌づつみを打ち、
パクパクと口に運んでいると、
突然店員が駆け寄ってきました。

「お出しする料理を間違えました!」

どうやら僕に出された料理は
3000円の焼肉定食だったようです。

もう手を付けていたので
このままでいいと伝えましたが、
半ば強引に持っていかれたので
ありがたく交換してもらいました。

これが正真正銘のステーキです。

見比べると全然違いますね。(どちらも近江牛ですが)

 

でももし、店員が気付かなかったら
そのまま食べ続けていたと思います。

その時ふと、かつて読んだ本に

”人間は他人の間違いには敏感だが、自分の間違いは認めない”

と書かれていたことを思い出しました。

僕は数あるメニューの中から、
一番高い5000円の料理を自分で決めました。

つまり、このメニューを選んだ責任は
全て自分自身にあります。

しかも高い金額を払うのですから、
間違えた料理を提供されるとすら思っていませんでした。

そのため、運ばれてきた料理に満足できないと、
自分自身の選択が間違いだったということになってしまいます。

しかしその間違いを認めようとはしないため、
自分の選択が正しかったという
理由付けがしたくなります。

今回の場合だと、見た目(ボリューム)に満足できなかったため、
料理を口に運ぶことで”おいしい”という理由で
5000円の価値があると解釈しました。

流れを簡単に示すと以下のような感じです。

料理のボリュームがいまいち
(自分の選択に疑問を持つ)

一口食べてみる
(自分の間違いを認めたくない)

おいしい!(自分が選択したことが正しかったという理由にする)

納得。

僕の思考回路を客観的に見てみると
こんな感じです。笑

仮に今回の出来事が自分で頼んだものではなく、
他人が頼んだ場合だと反応はまた違ったと思います。

前述したとおり、人は他人のミスには敏感です。

僕ではなく、他人が料理のチョイスをしていたら
僕の心の中は不満で溢れかえっていたかもしれません。笑

きっとあなたも今までの人生で経験があるのではないでしょうか?

この心境は値段や価値が上がるほど
顕著にあらわれます。

これを知っていると、
客観的に自己分析ができるので
損得の区別をはっきりさせられます。

よかったら参考にしてみてください。

P.S

滋賀旅行の続き。

ちなみにもう一人が頼んだ料理がこれです。
写真で見ると一番おいしそう。

.

夜は琵琶湖の目の前に
そびえ立っているタワーホテルに泊まりました。

まわりに大きな建物がないので
かなり目立ってました。

晩御飯はウニのゴマ豆腐を食べました。
とろけるようなウニの触感と、
豆腐のなめらかさが抜群でした。
ゴマソースとの相性も最高ですね♪

人生で初めて冷たい抹茶を飲みました。
冷たい抹茶は苦さ100倍です。
苦いのが大好きな方は飲んでみるといいかもしれません。

僕はもういいです・・・。笑

最終日は琵琶湖でクルーズに乗りました。
琵琶湖でクルージングができることに驚きです・・・。

今だけ織田信長も一緒にクルージングするらしいです。

興味がある方は行ってみるといいかもしれません。笑

あなただけに特別なお知らせ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です