現代広告の心理技術101のレビューと内容まとめ。(ネタバレ注意!)

⏱この記事は約 5 分で読めます。

どうも、しゅーぴんです。

現代広告の心理技術101。

インターネットビジネスをしている方なら
一度は聞いたことのある書籍だと思います。

コピーライティングについて調べると
必ずと言っていいほど目につきますね。

超スーパーアフィリエイター、
だいぽんさんもおすすめしていました。

 

というよりインターネットビジネスで成功している人のほとんどが
現代広告の心理技術101をおすすめしてますね。

たしかに僕も納得です。

これまで何冊かコピーライティングの書籍を読んできましたが
そのほとんどが集約されてます。

コピーライティングを学ぶならこれさえ読めば十分ですね。

しかし、ダイレクト出版なので
この本が店頭に並ぶことはありません。

書店でじっくりと
品定めをして購入するかを検討したいところですが
そうもいきません・・・。

中身の分からない本を買うというのは
なかなか勇気が必要だと思います。

でも、インターネットビジネスで成果の伸び悩んでいる方や、
これから始めようとしている方には
絶対に目を通しておいてほしい一冊です。

そのためにもこの記事を通して少しでも
この本の全体像を知ってほしいと思いました。

内容が濃すぎるので
全ては紹介しきれませんが、
この書籍購入の判断材料となりそうなところを
ピックアップしておきます。

現代広告の心理技術101詳細

現代広告の心理技術101 お客が買わずにいられなくなる心のカラクリとは
著者:ドルー・エリック・ホイットマン
出版社:ダイレクト出版

書籍の目次&詳細

・Introduction 顧客は買いたがっている!
・chapter1  人々が本当に求めているもの
・chapter2 相手の頭の中に入る方法 消費者心理の17の基本原理
・chapter3 買わずにいられなくなる秘密のテクニック 買わせるための41のテクニック
・chapter4 ホットリスト レスポンスを急増させる101の簡単な方法
・chapter5 広告のプロが最後にいいたいこと

レビュー

この本ではこれでもかというくらい
人間心理の本質に迫っています。

そのうえで商品の魅力をどのように
アプローチしていくかということを学ぶことができます。

現代広告の心理技術101というだけあり、
本当に様々な事例と販売テクニックが記述されています。

その辺のウン万円もする情報商材を買うよりも
よっぽどお勧めです。

・お客のどんな欲求に訴えかければ反応が得られるのか?
・商品が魅力的に見える表現方法とは?
・お客に気付かれないような心理誘導テクニックとは?
・買わずにはいられなくなる文章術とは?
・お客の好奇心をくすぐるキーワードとは?
・驚異的な広告にする46のチェックリストとは?
etc…

様々な商品を紹介するアフィリエイターには
必見の内容ばかりですね。

コピーライティングの教科書として本気で学べば
どんな商品でも自由自在に売ることができるようになれます。
もちろんマスターするのはなかなか難しいと思いますが。

これを読み終えると、今までどのようにして販売者に
踊らされてきたかがマジマジとわかります。
(ちょっと悔しい気持ちにもなりますが・・・)

販売者側の戦略を学ばなければ
この先も延々と新商品に飛びついてしまうでしょう。

アフィリエイトに関わらず、
インターネットビジネスでお金を稼ぐために
一番に学ぶことは”商品を売る力・お客を動かす力”です。

しかし、まわりを見てみると
ほとんどの人達がこれを軽視しているように思えます。

ブログデザインに凝ってみたり、SEOについて研究したり・・・

うーん。。。

そもそもアフィリエイターの仕事は
商品を魅力的に見せ、お客に買わせるということです。

いくらブログのデザインをきれいにしたところで
クソみたいな文章なら商品は売れません。

SEOで見込み客の数を増やしても
つまらない文章なら読まれません。

反対にお客を動かす文章術さえ持っていれば、
デザインもSEOも必要ないのです。

集客なんてSNSや無料レポートを使えばいくらでもできます。

インターネットビジネスで収益を出せる人と出せない人の違いは
消費者心理を勉強したかどうかです。

それがわからなければいつまで経っても
収入はゼロのままです。

”不労所得を生み出す仕組み”ではなく、
”仕組みのようなもの”で終わってしまいます。

そのためにもササッとこの書籍で販売者側の考えを
知ることが一番の近道だと思います。

ちなみに90日間の返金保障もあるので
損することはありませんしね。

まぁこの本を読んで
つまらないと思う人がはたしているのかどうか・・・。

ネタバレ

以下ネタバレになります。
↓↓↓

恐怖という要素ー恐れを誘って売る

僕はこの一文でコピーライティングの捉え方が
一気に変わりました。

今までは他の商品よりいかに優れているかを伝えることが
コピーライティングだと思っていました。

商品の特徴とメリットをこれでもかと
紹介すれば消費者は買ってくれるのだと。

でもよく考えてみればただの押し売りですね。

そんなことをすれば
瞬く間に読者は離れていきます。

商品の魅力を理解しているのは
商品の開発者か、すでに持っている人だけです。

まだ持っていない人からすれば
別に無くたって困らないのです。

 

例えば、
”自然由来100%シャンプー!
○○と○○を配合しており、抜け毛予防におすすめです。
頭皮に優しく、髪の毛へのダメージも全くありません。”

”普段何気なく使用する市販のシャンプー。
これには化学物質が含まれており、
毎日チクチクと頭皮にダメージを与えています。
これを使い続ければハゲまっしぐら。
実は、抜け毛の一番の原因がシャンプーなのです。
それを改善するために作られたのがこちらのシャンプーです。”

即興で作ってみたので
何の信憑性もないデタラメですが、
どちらの文章に心を動かされましたか?

きっと後者ではないでしょうか?

人は明るい未来を進むより、
怖い未来を避ける道を選びます。

したがって、
お客の心を動かすには
商品の素晴らしさを伝えることではなく、
商品を使わなかった時の未来(不幸)を伝えることなのです。

言われてみればなんとなくわかると思います。

が、この事実に気付いている人は
一体どれだけいるのでしょうか。

僕自身もこれを実践してみることで
読者の反応は驚くほど変わりました。

 

ちなみにこれを応用した方法も
現代広告の心理技術101に解説されてます。

接種理論
影響力の6つの武器
心理的によく聞くヘッドラインのキーワード

この章も個人的にはおすすめです。

他にも紹介したいことは山ほどあるのですが、
長くなってしまうのでやめておきます。

ちなみに下記のリンクをクリックすると
目次と章立てまで記載されているので参考までに。
↓↓↓
現代広告の心理技術101

まとめ

僕が知る限り
コピーライティングを学ぶには
この本が一番最適だと思っています。

僕はこの本に出会う前は
ブックオフに並んだ安い本を何冊も読んできました。

安いと言っても数冊買えば
4~5千円は超えてしまいますね^_^;

何十時間もかけて読んできた内容が
全てこの一冊にまとめられていたので
少し悔しい気持ちにもなりました・・・。

僕の中でコピーライティングのバイブルは
この本になると思います。

僕がいつも口を酸っぱくして言っているのですが、
時間>お金
です。

投資のお金をケチって
無料レポートなどでチマチマと勉強をする人がいるのですが、
そういう人は成長スピードが圧倒的に遅いです。

無料レポートを探す暇があったら、
さっさと教材を買って、実践した方が
すぐに結果は出ますからね。

そしたら投資した金額もすぐに回収できます。

まぁこの本でなくても、
インターネットビジネスで成果を上げるには
コピーライティングへの投資は絶対にすることをおすすめします。

↓↓↓
現代広告の心理技術101

 

あなただけに特別なお知らせ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です