収集癖のある人はお金を使ってそうで使っていない。

⏱この記事は約 3 分で読めます。

どうもしゅーぴんです。

僕のビジネスパートナーに
異常なまでの収集癖を持つ人がいます。

 

アニメが大好きで、
彼の家にはキャラクターグッズが溢れかえってます。

 

 

ラブライブ!
けいおん
ガンダム
ドラゴンボール
神羅万象…etc

僕はあまりアニメには詳しくないので、
知らないキャラクターもたくさんいます。

 

 

そういえば、最近は妖怪ウォッチにもハマっていて、
妖怪メダルを12キロ箱買いしてました。

 

彼のやることはなかなかぶっ飛んでいて
面白いです。

 

ルービックキューブにもハマっていて、
1200個以上あると言ってました。

 

ちなみにそれらを使って、こんなことしてます。

 

 

彼は一度欲しいと思ったものは
とことん集めます。

 

一つのジャンルにつき平均して
20万くらい使うそうです。

 

 

しかし彼は、収集癖のある反面、
飽き性でもあります。

 

コレクションが終わり、
一通り愛で終わると、すぐに売り飛ばします。

 

なので、彼の部屋に行くたびに
置いてあるものが違うのです。

月一くらいで衣替えしてますね。笑

 

 

彼はネットショッピングに詳しく、
ヤフオクやメルカリ、海外の通販サイトなど、
あらゆるところから、最安値で自分の欲しいものを
購入しています。

 

さらには、彼も販売のプロなので、
それらを購入額以上の金額で売ることができるのです。

 

なので、彼はコレクションをローテーションする度に、
満足感も味わい、お金が増えるという
最高のスパイラルを味わっているのです。笑

 

まぁ利益を求めていないので、
月5万くらいしか稼いでいないと言っていましたが。

 

 

 

確実に利益を出すために
彼はこういった考え方をします。

 

例えば、10万円で1万枚のカードを買ったとしましょう。

すると、カード1枚当たりの値段は
10円となります。

 

したがって、
1枚あたり10円+送料や手数料を加えた以上の値段で販売できれば、
黒字になるのです。

中にはレアカードもあれば、ノーマルカードもあり、
1枚1枚の価値はバラバラなので、
単体の方が価値が付くのか、
まとめ売りの方が単価が上がるのか、
その辺の見極めも重要です。

 

また、あまりにも数の多いまとめ売りは、
1枚当たりの単価が低くなりやすいらしく、
売るときに注意が必要らしいですよ。

 

 

これらのノウハウはせどり(転売)をする人にも十分使えることですね。

 

これから資金を集めたいと考えている人は、
一度やってみるといいかもしれません。

 

 

世の中には、価値の暴落が激しいものと、
変わらないもの、上がっていくものと様々です。

 

その中でも、コレクター要素が高かったり、
限定生産だったりするものは、
値段が跳ね上がったりしてますね。

 

そういったものにお金を使う人は、
ただお金を浪費しているのではなく、
お金を同等の価値かそれ以上の価値に
変換していると考えられるのです。

 

したがって、お金が減っただけで、
実質的な資産は減っていないということ。

 

世の中の尺度をお金基準ではなく、
価値の大きさとして見ると、
また違ったものが見えてくると思います。

 

お金を銀行に預けたままにしていても、
それらが増えることはありません。

多くても年利0.1%程度で、
雀の涙ほどです。

 

お金を眠らせておくよりも、
今後価値の上がりそうなもの、
価値を生み出し続けてくれるようなものと
交換する方が、将来的にお金は
何倍にもなって返ってくるようになります。

 

仮想通貨を通して、億り人が急増したと話題になりましたね。

それらも全て、お金を投資した人にしか味わえない経験です。

 

彼らは運が良かっただけと
皮肉めいたことを言う人もいますが、
チャンスに積極的に飛び込めない人は、
いつまでたっても成功しません。

 

少しずつでもお金を回すクセをつけると
人生は大きく変わっていきますよ。

 

P.S.
先日、妖怪メダルの整頓を手伝いに行きました。
2人で丸一日かかりました・・・。

 

丸一日眺めていたので、
色々とキャラクターを覚えてしまいました。

 

ベトベトン。

湯婆婆。

あなただけに特別なお知らせ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です