【ブログライティング】文章力が上達する方法を具体的に解説してみた

⏱この記事は約 7 分で読めます。

こんにちは、しゅーぴんです。

先日ツイッターでフォロワーの方から
文章力を身につけるにはどうしたら?
というメッセージをいただきました。

やっぱり質問をもらえるのはうれしいですね。

見ず知らずの僕に対して質問できるというのは素晴らしいことだと思います。
僕自身もこういう読者の方の思いには応えていきたいです。

仕事の忙しさで記事を書く気を失っていましたが
一気にモチベーションが上がりました。笑

僕はブログを始めてから約半年ほどたちます。
(このブログを立ち上げる前に少しだけ違うブログをやってました。)

最近はありがたいことに
読者の方から文章を褒めていただけることもあります。

しかし、僕は元から文章力が高かったわけではありません。

昔書いた記事を見ると
あくびが出そうなものばかりです。

そんなへっぽこな文章力で読者が集まるわけもありません。

いくら記事を書いても読者からの反応はなく
何度も心が折れそうになりました。

しかし、こんな僕でもある意識をしただけで
ずいぶん読みやすくなったと思います。

僕のブログに立ち止まって読んでくれる読者の方も
しだいに増えてきました。

もしあなたが文章力に悩んでいても大丈夫です。

文章は絶対にうまくなります。
才能なんて関係ありません。

ちょっとした意識であなたの文章も生まれ変わります。

この記事では僕が実践した中で
参考になったことを紹介していきますね。

文章力のない人が抱える4つの悩み

僕がブログを始めた当初は書く内容が定まらず
たった1000文字の記事に何時間もかけていました。

その時に抱えていた悩みは大きく分けて4つあります。

1.書いているうちに内容がずれていく
2.なかなか文章が膨らまない
3.頭の中に浮かんでいることを文章にできない
4.同じ単語を使いすぎて文章に違和感が残る

きっとあなたの悩みもどれかに
分類されるんじゃないでしょうか?

この悩みはそれぞれ解決方法が異なります。

あなたが抱える文章力の悩みは何なのか。
まずはその原因を明確にしてみてください。

メッセージを明確にする

やはり、
今までに学んだことや経験したことを元にすれば
書きたいことは山ほど出てきますね。

これとこれとこれと・・・。

思ったことをすべて書いてしまえば
結局何が言いたいのか
わからない文章になってしまいます。

それを避けるためにも文章を書く前に
あらかじめ何を伝えるのか
テーマを明確にしなければいけません。

この記事の場合は、
「文章力を向上させる方法」です。

テーマは簡潔かつ具体的でなければいけません。

しかし、テーマを抽象的に決めたまま
進めてしまう人があまりにも多いように感じます。

例えば
「ダイエットについて書こう!」
と考えてしまう場合。

これではテーマが定まったとは言えません。

・ダイエットをすることのメリットを伝えたいのか。(健康になれる、モテるようになる・・・)
・ダイエットの種類を伝えたいのか。(食事制限、運動、サプリメント等・・・)
・経験したおすすめのダイエット方法を伝えたいのか。(私はサプリメントをおすすめしたい!)

したがって、「ダイエット」という単語だけでは
テーマを絞ったとは言えないのです。

これがしっかりしていないと
全く一貫性のない文章になってしまいます。

テーマとは言い換えれば
読者に伝えたいメッセージなのです。

テーマが「ダイエットのメリット」の場合は
痩せる気のない人に対して
痩せた方がいいというメッセージになります。

「ダイエットの種類」では、
痩せたいけど痩せる方法がわからない人へのメッセージです。

「おすすめダイエット」は
ダイエットに苦労している人に対して
違う方法を伝えるというメッセージにもなります。

テーマを具体的にしただけで
読者側ははっきりと理解できます。

このようにテーマを絞ることで
文章は簡単にまとまります。

これはすぐにできることなので
さっそく実践してみてください。

文章のアウトラインを考える

文章を膨らます・・・。

僕が一番苦手としているものです(^_^;)

ブログの場合、作文などとは書き方が違うので
いつもパソコンの前で頭を抱えています。

それでも3ヶ月前の僕と比べれば
圧倒的にマシになりましたが・・・。

僕がこの悩みに直面してから
あらかじめ構成を練ってから文章を書くようになりました。

これだけで書く時間が半分になりました。

しかも気付けば2000文字くらいは書けてしまいます。
(2000文字が多いか少ないかはわかりませんが・・・)

さらにこれから紹介する方法に沿って文章を書くだけで
簡単に相手を納得させることもできます。
(商品を売るのも容易くなるということです・・・。)

ではどんな構成にしていくのか。

なぜ
なに
どのように

僕はいつも3つのステップで
書くようにしています。

なぜ

そもそもなぜ文章を書くのでしょう?

それは読者に文章を通して
”価値”を提供するためですね。

タメになる情報や、読んでいて面白ければ
読者はあなたの文章を読みたいと思います。

ブログの場合、読む価値がなければ
読者は現れませんからね。

したがって、ここでいう価値とは、
あなたの文章を読むことで手に入るメリットの事です。

このメリットを記事の導入部にすることで
読者は大きな期待を持って、
読み進めてくれるようになります。

例えば、

「僕のおすすめはこの加湿器です。
使い方は・・・。」

とするより、

「空気の乾燥でのどが引き裂かれるような痛みがしませんか?
そんな悩みもこの加湿器を使うだけで
今までの痛みが嘘のように消えていきます。」

と、文章の導入に加湿器を使うことのメリットを
伝えるだけでその加湿器について知りたいと思いませんか?

つまり、はじめにメリットを提示することで
読者の興味を引くことができるのです。

なぜあなたの文章を読む必要があるのか?

その理由を伝えるために
テーマから得られるメリットを3つほど書き出してみてください。

なに

「なに」というのはその証拠や根拠を提示することです。
これには「なぜ」で提示したメリットに
信憑性を持たせる効果があります。

これには大きく分けて2つの書き方があります。
一つは経験談。
あなたや知り合いが経験したことを
そのまま書くだけで読者からすれば十分な判断材料となります。

ネットショッピングをする時に口コミを調べたりしませんか?
僕は必ずと言っていいほど調べてしまいます。

これは記事でも同じことが言えます。

人間は体験談に弱いのです。

あなたがこれでもかというくらい
記事を読むメリットを提示し、
その経験談を紹介することで
一気に信頼を掴めます。

そしてもう一つ。
権威のある者からの証明です。

よくお土産コーナーで
○○賞金賞を受賞しました!
というものを見かけると思います。

たとえ知らない賞でも
なんとなくすごそうに感じませんか?

僕にいたってはモンドセレクションですら
よくわかっていません。笑

それでも凄いものだと勝手に判断してしまい
その商品を信頼してしまいます。

つまり、本に書いてあることや
科学的に証明されたこと、
有名人に紹介されるなど、
権威性を証明するだけで
驚くほど簡単に信用を勝ち取れるのです。

先ほどの加湿器の例を出してみると
「空気の乾燥でのどが引き裂かれるような痛みがしませんか?
そんな悩みもこの加湿器を使うだけで
今までの痛みが嘘のように消えていきます。
実はNASAで研究された最新技術を導入しており
自動で人間の過ごしやすい湿度に保つことができるのです。」

今適当に考えてみましたが、
これだけで一気に信憑性が上がったのではないでしょうか?

このように、「なに」で書き出した内容について
体験談や権威性示すことで
簡単に読者を納得させることができるのです。

どのように

さて、「なぜ」までを読み終えた読者の心は
その方法論を今にも試したくて仕方ありません。

公園でおじさんに群がるハトのように
エサが欲しくて欲しくてたまらない状態です。

あとはこの読者に方法論を提供するだけです。

1.~
2.~

とまずはその方法を書き出してみてください。

フレームを組み立てる

「なぜ」⇒興味性を引く

「なに」⇒信憑性を上げる

「どのように」⇒読者のこれからの行動を教える

まとめるとこんな感じです。
これを繋げるだけで濃い内容が
スラスラとかけてしまいます。

慣れてくるとパソコンを打つ手が止まらなくなります。笑

文章を膨らませたいのならぜひ使ってみてください。

文字に触れ続ける

僕は昔から文字を読むことが嫌いでした。

ビジネスを始めるまでは
人生で3冊くらいしか読んだことがありません。

国語の偏差値も40くらいでした。

そんな僕が文章を書けば
語彙力の低さに自分であきれ返るほどです。

文章力の優劣は圧倒的な語彙力の差にあります。

僕自身も本を読むようになってからは
すぐに上達しました。

実は接続詞を覚えるだけでも
一気に文章の見た目は良くなります。

「つまり」だけでなく「すなわち」「要は」
など同じ意味でも言い回しを変えるだけで
印象はガラッと変わるものです。

文字を読めば読むだけ
これからあなたの武器になります。

もしも本が苦手ならブログなどでもいいと思います。

とにかく文字と触れ合うということを意識してみてください。

模倣に次ぐ模倣

僕は今までに様々なスポーツをしてきました。

サッカー、バスケット、弓道、体操・・・。

どのスポーツでも初心者がはじめにやるべきことは
「型」を覚えることです。

ボールの蹴り方を学ばなければ
シュートもパスもできません。

3mの高さにあるリングにボールを入れるには
レイアップを知らなければなかなか入りません。

文章も同じです。

文章力を上達させるにはプロから型を盗めばいいのです。

でもここで注意が。

型というのはインプットではなく
アウトプットすることによって初めて自分のものになります。

つまり、ブログライティングを学びたいなら
上手い人の文章を読むだけではいけません。

その文章を読みながら、必ず模写もしてみてください。

毎日1000文字くらい模写をするだけで
すぐに効果が表れるはずです。

文章には人それぞれ癖があります。

プロの癖を身につけることができたら
そこら辺のブロガーなんて簡単にごぼう抜きですね。笑

ちょっとしたアドバイスですが、
接続詞、表現技法、語尾
この3つを意識しながら模倣してみてください。

これが意識できれば
文章の繋ぎがとてもスムーズになるので
書くペースが驚くほど速くなりますよ。

まとめ

文章力というのは一朝一夕で身につくものではありません。

この記事で紹介したことを
まずは一週間続けてみてください。

きっと驚くほど見違えると思います。

僕も目標にしている人と比べればまだまだです。

これからももっと読みやすい文章が書けるように
勉強しようと思います。

またタメになる方法があれば紹介していきますね♪

一緒に頑張っていきましょう^^

 

あなただけに特別なお知らせ!


1 個のコメント

  • こんにちは。
    文章を書く。これは書くことでしか
    上達しないですよね。
    スラスラ書けるようになられたのは
    日々の投稿が上達の鍵ですね。
    ポイント抑えた書き方学んでいきます。
    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です